卒業生紹介


木村 あかね

2002年 京都市立芸術大学 工芸科 入学

作品紹介


メッセージ   

大学にはとにかくいろんな人がいます。いろんな人のいろんな価値観や考え方を知れるのは良いことだと思います。私は面倒くさがりな質なのですが大学に入ってから大分行動力がついてきたと思っています。考え方の幅も広がったなぁと思っています。受験中はしんどいですが、大学に入ってからもしんどいことはいろいろあります。でも面白いことも相当あるので大丈夫です。いろんな面白い人と交流しつつ、自分のテリトリーが保てるのがよいところです。

京芸は街から遠いので遊びに行くのは不便ですが、野菜がいろいろ安く手に入ります。特に名産の柿と竹の子は季節になるとかなり楽しめます。私はそれがうれしいですが、そんなのより京都の街を楽しみたい人はあまり学校の近くに下宿しないほうがよいです。チャリは必需品ではないでしょうか?            2004/3


卒業生のページへ