卒業生紹介




尾家 安奈

2005年度 京都市立芸術大学 美術科 合格

 


メッセージ

私がさんかく工房に来て習ってよかったと思うことは、じっくり基礎を学ぶことが出来たということです。高3になって、受験形式で描いていく前に何十枚も描く基礎課題は毎回、新しいことの発見の連続でした。合評ではいろんな人の作品をみて他の人の自分とちがう考え方をうらやましくなったり、どうやったらああやってかけるんだろうといつも考えさせられました。お陰で一人でかいているよりはるかに多くのことを学び取ることが出来たと思います。

最初に立方体を作ってクロッキーをした時、まっすぐな線がひけず、「できると思っていることはやってみると実はできないかもしれないんだ」とそれまでになく痛感していたのを覚えていますがこのことで私の作品に対して以外の物の考え方もがらりと変わりました。作品について考えることでいろんな物の感じ方、考え方も深めていくことができました。

高3になって受験形式で描いていくようになると先生方は作品を制作する時の精神面についてもいろいろ指導して下さいました。短時間で仕上げなければならず、この時が一番辛かったけど今考えると一番自分を高められた期間 だったように思います。私は先生方に本当に最初から最後まで迷惑をかけてしまったのに最後まで私を見捨てないで親身になってもらい本当に感謝の気持ちでいっぱいです。一番辛かった時も先生達のおかげで何とか乗りきることができました。先生方がいなかったら合格もなかったと思っています。

多分私の知らないことはまだ山のようにあって今知っていることはそれに比べれば小さいことなのかもしれないけれど、大学に行ってもさんかく工房で学んだことを大切にしていきたいです。大学でこれからいろんな知らないことを知れるのがまた楽しみです。

2005.3 


卒業生のページ