卒業生紹介




阪井 ひとみ

2004年度 金沢美術工芸大学 工芸科合格  

  工房での作品


メッセージ

[絵を描くのが好き」という気持ちだけでさんかく工房に来ました。絵やデッサンの基礎を習い始めると、ただ好きだっただけだと気付きました。美術の奥深さ、難しさを痛感し、また素晴らしさを知りました。今まで見ていた世界が違って見えるようになりました。普段見ている物、絵画、立体物など改めて感動しました。その感動は今でも続いています。今、私は、陶芸をしていますが、自分の手から物が生まれると言う楽しさを毎日体感しています。根っこには、さんかく工房で学んだ基礎や考え方があり、とても私を支えてくれています。大学に入って色々な経験をする中、さんかく工房に来たことが本当に良かったなぁと思っています。受験期に一緒に頑張った人達とも今でも連絡を取り、近況を話したりしています。今も変わらず良い仲間です。

1.活動:きのこを作っていました。
2.感動したこと:滝
3.関心があること:世界一周旅行
4.これからの制作・研究:気持ち悪いけどきれい
5.自己アピール:お菓子が好きです。

2007/8


卒業生のページ