卒業生紹介




高橋 レイン


2019年 京都市立芸術大学 美術学部 美術科 入学 



メッセージ

私にとってさんかく工房は、すごく神聖な場所です。
基礎課題での時間をかけてモチーフと対峙し、自分と深い所で話しながらの制作。先生と仲間との途中段階での相談や完成した後のじっくりみんなの意見を聞き合う合評、それからのリメイク。どんな時も本質をつこうとして、よく観察し見えないエネルギーの様なものを探し出し表現しようとしていました。この時間があった上での受験期の勉強は1番苦しくもあり楽しかったです。それから自分の核となるものを大切にして下さる先生方のおかげで自分らしさを見失う事なく制作できました。また、さんかく工房には歴史があり、卒業生の方が来られて熱いお話をたくさん聞かせて貰い、将来の制作、社会との関わりなど先を見据えての美術のことを考える機会がたくさんありました。ここで得られた知識と経験は一生の財産です!さんかく工房のパワーを独り占めせずに世の中を少しでも幸せにできるよう使っていきたいです。さんかく工房大好きです!

ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。


卒業生のページへ