卒業生紹介


谷川美音

経歴
2011 京都市立芸術大学 美術学部 工芸学科 卒業
2013 京都市立芸術大学 大学院美術研究科 修士課程 工芸専攻 修了
現在 株式会社 紋郎美術工房 勤務


受賞歴
2010 京都市立芸術大学 作品展 平館賞
2011 京都市立芸術大学 作品展 同窓会賞
2013 京都市立芸術大学 作品展 大学院市長賞

作品紹介作品紹介

受験生のみなさんへ

私にとってさんかく工房は、考えることを教えてくれた場所です。
自分は何をつくり、表現したいのか。そして、どんなふうに生きていきたいのか。
大学に入ったら、そして更にその先大学を卒業して社会に出たら、 色々な人に出会い、様々な価値観に触れると思います。
そんな中で自分の考え方も流動的に変わっていくでしょう。
私も高校生の頃にやりたいと思っていたことと今やりたいことは違うし、 仕事も当時は想像もしなかった職種に就いています。
けれど、制作に対する一番根っこの部分は工房で学んでいた頃と変わっていません。
自分について考えるというのは、シンプルなことのはずなのにとても難しい。
でも、同時に楽しいことでもあります。
デッサンや色彩の上達といった表面的な技術力だけを身に付けようとするのではなく、 描いたり造ったりを通して自分をじっくり探って欲しいと思うし、さんかく工房はそれが出来る場所です。
どうか、工房での日々を大事に過ごして下さい。

卒業生のページへ